芸能マスコミの中の音楽

「素晴らしい贈り物に感謝」…りょうに第1子が誕生

このニュースを紹介した今朝のニュースショーでは、
「BRAHMAN」を「ブラーマン」と思い切り読まれていた。
正しくは「ブラフマン」です。
上記リンクのサンスポの記事は読みがな付きだけど、
他紙には付いてなかったから。

そして、以下のような記事もあった。

山田優が一肌脱ぐ!ファンのレゲエ歌手CM友情出演

この「レゲエ歌手」というのがPUSHIM。
記事でも言われているとおり、確かに一般的な認知度はまだまだな現状だ。
だからといって、こんな回りくどい見出しにしなくても。
見出しの中にPUSHIMの名前がないのは納得できない。

でも日本の芸能マスコミなんてそんなもの。
以下のような記事まで出るぐらいだ。

菊間千乃はなぜケツメイシに夢中なのか

この記事は、見出しとはちょっと違う内容。
> ところで「ケツメイシ」って何者なのか。疑問だらけの読者も多いはずだ
という所に主眼がおかれている。
ミリオンセラーのケツメイシでさえこれだからな。

「芸能」と「音楽」は似て非なる物。
「芸能マスコミ」の中で報じられる「音楽」の、なんとも居心地悪そうなことよ。
[PR]
by _kuma_taro | 2005-07-28 12:06 | 音楽
<< だって大宮 ジャニーズ依存症 >>