犬は飼い主に似る

昔からの持論の一つ。
「犬は飼い主に似る」とよく言われるが、同様にあるアーティストのファンも、そのアーティストに似る部分があると。
少なくとも、世間的には「○○ファンは....」という一かたまりで見られることがある。
どちらかというと悪い意味で。

たとえばこんな事件。
ファンサイトの書き込み巡り因縁、コンサート会場で強盗
w-inds.だったら全然不思議じゃないって気がするのはなぜだろう。

この事件は恐らく、
「ネットの特性や恐ろしさを知らずに子供がネットを使うことの恐ろしさ」
という点で、ちょっと前の佐世保の事件なんかと同列で語られるのだろうけど。
[PR]
# by _kuma_taro | 2004-09-06 15:44 | 音楽

まだ続く「ラブラドール30匹」の余震

既にうちのサイトでは凄い騒ぎだけど、「ラブラドール30匹」の余震が止まらない。
メールを持ってない人たちまで電話やFAXで巻き込まれてしまってる、そんなチェンメはめったにない。

人はどうして、こんなアホ臭い話を信じてしまうのだろうか?
こんな事件があるたびに、改めて考えてしまう。

嘉門達夫のネタに「友達の友達」というのがある。
ホラー映画の予告編のパロディで、震える声で「とーもーだーちーのー、とーもーだーちー....」というものだ。
('90年のアルバム「リゾート計画」収録、その音源は我が家にあります)

頭のゆるいギャルたちの会話に出てくる、世にも不思議な人物「友達の友達」。
「14歳で妊娠した」
「黒人のグルーピーをやってる」
「あのアイドルとつきあっていた」
「あのアイドルがホテルから出る所を目撃し、口止め料をもらった」
等々、なぜか特殊な経験ばかりしている「友達の友達」。
しかし、決して誰も本人に会うことはない。

今回の「ラブラドール」のメールも、
「友達の友達のお姉さんの、犬のブリーダーの会社が潰れてしまい....」。
これもまた、実在しない謎の人物「友達の友達」の登場である。

残念ながら、僕は都市伝説などの専門家ではないので、つきつめて考えるだけの力はないんだけど。
[PR]
# by _kuma_taro | 2004-09-05 10:51 | 変なメール

blog始めました

というわけで、私もblogを始めました。
自分のサイトの「週刊くまたろう」のテーマが「毎週とにかく何か書く」だから、このblogのテーマは「毎日とにかく何か書く」。
[PR]
# by _kuma_taro | 2004-09-05 10:22 | その他