続・レコ大は中止すべし

レコ大は中止すべしという記事の続き。

レコ大審査委員長・阿子島さんが遺体で発見される/Excite エキサイト : 芸能ニュース

結局、レコ大審査委員長は単に火事で焼け死んだだけで、
事件性はないということで片付けられそうだ。
とりあえず審査委員長代行を立てて、今年のレコ大はやりそうだ。

でも、それでレコ大の視聴率が上がるかどうかは別問題。

「黒い噂」そのものが否定されたわけではないから、
むしろ余計に見る気をなくす人が多いのでは?

「レコード大賞」なんてやめたらどうか!/Excite エキサイト : 芸能ニュース

ゲンダイネットのこの記事、久々に正論だ。
[PR]
# by _kuma_taro | 2005-12-19 16:01 | 音楽

レコ大は中止すべし

<レコ大委員長>音楽評論家の阿子島さん不明、連絡とれず/Excite エキサイト : 社会ニュース

失踪レコ大委員長告発文書「金品を要求した」と非難(夕刊フジ)

「紅白」もものすごく変だけど、「レコ大」はもっと悲惨。
「もらってくれる人がいない」状態。
「紅白」ならまだ、「普段歌を聴かない人が見てくれるから、アピール次第では売り上げ増が期待できる」という思惑で出てくれる人もいるけど、「レコ大」にはそれすらない。

そんな中で発覚したこんな事件。
これだけ賞の権威が失墜した今でも、こんな黒い噂が絶えない。

少なくとも、この事件の背景などについて明らかになるまでは、
レコード大賞は中止すべし。

少なくとも、もらっても何のメリットもない賞がなくなったからといって、
困る人は誰もいない。
賞の意義を見直すには、絶好の機会といえる。
[PR]
# by _kuma_taro | 2005-12-15 17:09 | 音楽

力!力!竹内力!

緊急指令! 携帯電話を電波から守れ! | Excite エキサイト

私が惹かれたのは、記事内容の本筋よりも以下のフレーズ。
高校生時代、「どんな力かな? 」と思って竹内力を夜な夜な辞書で引いた事がありますが

こんなことしてる人がいたというの、なんかいいなと思った。
ただそれだけ。

ちなみにこの文のタイトルは、
グループ魂の代表曲とも言える「竹内力」の歌詞から。
辞書で「竹内力」をひくよりも、この曲を聴いた方がわかりやすいぞ、竹内力について。
[PR]
# by _kuma_taro | 2005-12-12 17:01 | その他

愛ルケ映画、ついに....

失楽園再び「愛の流刑地」映画化/Excite エキサイト : 芸能ニュース

「愛ルケ」といえばにっけいしんぶん新聞

ついに恐れていたことが起こってしまった。
「愛ルケ」映画化!

主演(菊治役)は役所広司で、冬香役は「現在選考中」とのことだが。
どっちにしても、役者としてのキャリアに著しく傷が付きそうな役ではある(笑)
[PR]
# by _kuma_taro | 2005-12-12 11:05 | エンタメ

グラビアアイドルの仕事とは

ソフトバンクの和田、仲根かすみと結婚/Excite エキサイト : スポーツニュース

グラビアアイドルの仕事とは、
つまり全国の寂しい男どもの手慰みとなり、精液を搾り出させること。

つまり和田毅のチンポには、
一度でも仲根かすみをオカズにシコったことのある男子全員の
チンポが宿っていると言っても過言ではない。
[PR]
# by _kuma_taro | 2005-12-12 09:03 | エンタメ

着信アリ ファイナル

既に多くの便乗チェンメを生み出した「着信アリ」シリーズだけど、今度は
> 「誰かに転送すれば殺さない」と書かれた死のメールを受けた登場人物らが、
> 死のメールを転送しあって次々と仲間割れを起こしていく
というストーリーの完結編が製作されるそうです。
※サンスポより 着信アリついにファイナル!韓国を舞台に繰り広げられる恐怖!/Excite エキサイト : 芸能ニュース

これはもう、便乗チェンメを作ってくれと言わんばかりのストーリー。
「仲間割れを起こす」というストーリーから、「チェンメを回すと友達をなくす」ということを、みんなには学んで欲しい。
[PR]
# by _kuma_taro | 2005-12-06 11:17 | ネット

紅白カボミント歌合戦

「紅白」についての話の続き。

「とにかく、いろんな世代の期待に幅広く応えたい」と関係者は言い続けてきた。
その結果がこれかい?

「いろんな世代の期待に応える」って何?

「明らかに畑違いの歌手を、強引に一つの場に集めて歌わせる」ことが、
「いろんな世代の期待に応える」ことだと思っているのか?

私はそうは思わない。

「カボミント」みたいなものをいくら作られたって嬉しくも何ともない。

カボチャはカボチャで、ミントはミントで味わわせてくれるべきじゃないの?

ちなみに「カボミント」は、漫画「ハチミツとクローバーに出てくる、
レンジで温めたカボチャにミントアイスを盛りつけた、ものすごく不味い料理。
元々私は、カボチャもミントアイスもあんまり食べない。
だけど、カボチャとミントアイスが両方好きな人が、「カボミント」を食べて美味しいと思うか?
[PR]
# by _kuma_taro | 2005-12-02 11:47 | 音楽

何を血迷ったか紅白?

倖田來未、ユーミンら16組が初出場/Excite エキサイト : 社会ニュース

今年の紅白の出場者が決まったようだ。
NHKによる公式発表

何を血迷ったかNHK?
「スキウタ」のどこがどう反映されたのか、見れば見るほど不明。
さらに、NHKの何に貢献したのか不明な出場者も多い。

たとえばグループ魂は宮藤官九郎のバンドで、
「トップランナー」「ポップジャム」に出演経験はあるけど、
それ以外に何があるのか不明だし、
どういう経緯で出演が決まったのかも不明。
でも個人的には好きなので、今回一番楽しみ。

波田陽区が去年言ったとおり(?)「白組」になった和田アキ子+m-flo、
でもその曲はTBSの野球中継の歌だったぞ。

Def Techも、横浜タイヤのCMソング以外にはあんまりTVには出てなかったぞ。

でも、逆の意味で例年よりは見る所が増えたかな。
彼らにどんな頓珍漢な演出をしてくれるかが。
どうせ、何をやっても視聴率には貢献しないんだから。
[PR]
# by _kuma_taro | 2005-12-01 17:28 | 音楽

なんとなく、つけておくだけ

以前書いた「テレビが向かおうとしている時代」という記事の続き。

とにかく最近のテレビ番組、なんか薄っぺらいものが多い。
年を追うごとに薄っぺらさの度合いが増している。

「テレビが向かおうとしている時代が良いものじゃない」と、
「水曜どうでしょう」の藤村氏は言ったし、
私を初めとしてそう思っている人は多いと思う。

では、「テレビが向かおうとしている時代」とは何なのか。
別の視点から考えてみたい。

たとえばBS、CATVやスカパーなどの有料/専門チャンネル。
あるいはネットや携帯。
さらにはレンタルビデオやDVD。
「○○を見たい」「○○を知りたい」と思ったら、
その要求を満たせる手段が容易に得られるのが今の時代である。

しかし、テレビにはそれらの手段には無い特質がある。
自分から○○についての情報を求めていかなくても、
ただ「なんとなく、つけておくだけ」でそれなりに情報や娯楽が得られる。

「ネットやスカパーなどと棲み分ける」という意識はさすがになかったと思うが、
結果的に「棲み分けができた」のではないか。
たとえば、日本代表戦以外で民放キー局のゴールデンタイムにサッカー中継はあんまりない。
しかし、海外サッカーの中継権は例年、スカパーとWOWOWで取り合いになっている。

結果的に、ここ何年かのテレビは、
その「なんとなく、つけておくだけ」の需要に対応する傾向を強めていった結果、
今のような状態になったのではなかろうか。
よく指摘される「うざいテロップ」「CMの後は」なども、
元々は「ザッピング」や「CM早送り」に対応するための手法だし。

しかし、「なんとなく、つけておくだけ」の人たちが求めているのは、
「作り方自体が安易な番組」ではないということは言っておきたい。

地上波テレビの置かれている環境が変わりつつあるからこそ、
今までにないものを生み出そうとする努力は今まで以上に必要なのに。
特にゴールデンタイムの番組の大部分は、
ひたすら安易な作り方に流されていってるようにしか見えない。
[PR]
# by _kuma_taro | 2005-11-30 17:10 | エンタメ

工業地帯への通勤バス

一日一本の一つ、小湊鉄道バス極東石油線 | Excite エキサイト

取り上げられているのが、千葉県市原市の小湊バス極東石油線。
JR内房線姉ヶ崎駅から東京湾岸の工業地帯への通勤用の路線。

この程度ならそんなに珍しくない。

私も10年ぐらい前まで、姉ヶ崎ではないけどその近辺の工業地帯の中に勤務していた。
1日2本、平日の朝だけ駅から工場に走るバス便もあった。
また、社宅から工場に走る便もあった。
大多数の社員はマイカーで通勤していたから、毎朝渋滞していたけど。
私は原チャリ通勤だったので、雨の日などにたまにバスに乗る程度だった。
もちろん、あの近辺のバスのほとんどは小湊バスだった。

どうでもいいことだけど、今となれば懐かしい。
[PR]
# by _kuma_taro | 2005-11-30 11:38 | 仕事