平塚駅西口

ついでに平塚のことについて書く。

ご多分に漏れず(?)、
東京都心から1時間ちょっとかかる首都圏のはずれの平塚という街も、
最近は駅周辺に高層マンションが建ち並んでいる。
そのついでに「姉歯」のホテルも建ってしまったけど。

平塚駅西口のコンコースの西側に大きな窓があって、
かつて(7~8年前)はそこから湘南平の向こうに富士山が見えていたものだった。
でも今は見えない。
高層マンションの陰に隠れて。
[PR]
# by _kuma_taro | 2006-02-13 16:59 | 日常

パークイン平塚

私の住む神奈川県平塚市のあちこちに、
「パークイン平塚」というビジネスホテルの看板が出ている。

しかし、このホテルは昨年末から休業し続けている。
例の耐震偽装でおなじみの「姉歯」物件だったからだ。

「パークイン平塚」構造計算精査結果(平塚市役所)
パークイン平塚の耐震強度(タウンニュース平塚版)

街中でこの看板を見るたびにしょっぱい気分になるのは私だけではないはず。

<耐震偽造>京王プレッソイン茅場町の解体開始 [毎日新聞社]

ついに「姉歯」物件の解体が始まったようだ。
どうなるパークイン平塚?
[PR]
# by _kuma_taro | 2006-02-13 16:42 | 日常

ポップジャムの勇気ある撤退

NHK「ポップジャム」年8回放送に縮小/Excite エキサイト : 芸能ニュース

NHKの「ポップジャム」が、4月から年8回の放送に縮小されるらしい。

私はテレ朝の「ミューステ」が「純粋な音楽番組」であるとは思わない。
「うたばん」「HEY!*3」も同様だ。
「ミュージシャンの芸能ごっこ番組」でしかないという点で。
もはや地上波テレビのゴールデンタイムでは、
プロパーな意味での「音楽番組」は成立しないと、
私は前から言い続けていた
「音楽」の専門化が進み、「芸能」と「音楽」が全くの別物になった結果だ。

NHKも自ら「衛星放送にも音楽番組はあります」と言ってるように、
「ポップジャム」みたいな番組は、
総合よりもむしろBSや教育(「トップランナー」などと同じ意味でね)に似合う
コンテンツになっていると思う。

その意味で、私はNHKの「勇気ある撤退」に拍手したい。
ただ、うちにはスカパーはあるけどBSはない。
ひょっとしたら近いうちにBSを入れる必要が出てくるかも!?
[PR]
# by _kuma_taro | 2006-02-07 15:36 | 音楽

意外な恵方巻き

関西人以外も恵方巻きを食べているのか? | Excite エキサイト

注目はこの記事のこの記述。

調べてみるとコンビニでの販売は、1989年に広島のセブンイレブンで売り出されたのが始まり。その後1998年に全国展開したセブンイレブンに続いて2001年にローソン、2003年にファミリーマートがそれぞれ販売を開始。


ローソンよりもセブンが先!
恵方巻きを全国に広めたのは。
その点は意外だった。

私は十数年前から節分には恵方巻きを食ってます。
関西で学生時代を過ごした影響で。

でも最近は、丸かぶりしやすい小型手巻き寿司も売られている。
それって関西人から見たら邪道なんちゃうの!?
[PR]
# by _kuma_taro | 2006-02-02 14:24 | 日常

タイムラグの重み

「水曜どうでしょう」DVD待望の新作、
それも待ち望んだ「ヨーロッパ21カ国」の発売日程が出た。
2/15予約開始、6/21発売。

公式サイトに藤村氏曰く、

長っ!遅っ!

昨年発売の第6弾「ジャングル・リベンジ」の封入チラシには、第7弾は「2006年春発売!」と、そう大書しておりました。そりゃぁ本州方面はすっかり梅雨に入りましてジメジメむしむし、春とは言いがたい。しかし冷帯気候に属する北海道方面は4月にようやく雪が消え、5月に桜が咲き、そして迎える待望の6月。北の大地に陽光ふりそそぐ6月。ここまでを、えー道民は、おー「春!」と、「まさしく春爛漫!」と、えー言ってはばからないのであります。

DVD第7弾は春爛漫の6月21日!堂々リリース!と、告知に偽りなし!と、えー言っておきましょう。


もちろん手間をかけて丁寧に作るのが、いつものどうでしょう流。
そのことはよくわかっている。

ただ、DVDシリーズが進むにつれて、
撮影とDVD編集とのタイムラグがどんどん長くなっている。
タイムラグが長くなると、それだけ本人たちの感覚が変わってくるから、
その分だけ編集に時間がかかってくるのではなかろうか。

さらにその間にも新作、本、祭りetc....で時間を取られるし。

DVDシリーズは「10年で完結する予定」と言ってるけど、
この分で行くと10年では間違いなく完結しない。
嬉野氏が定年を迎える15年後でも怪しい。

でも私はいくらでも待つよ。命ある限り。
それだけ長期にわたって楽しめるということだから。
[PR]
# by _kuma_taro | 2006-02-01 13:25 | どうでしょう&saku2

サディスティック・カエラ・バンド

伝説のバンドがカエラで甦る(デイリースポーツ)
これはExciteニュースに載ってないからYahoo!から引用した。

もちろん'70年代の元祖ミカバンドを再現するなんて無理だけど、
十数年前の桐島かれん版ミカバンドを木村カエラで再現するのなら十分いけると思う。

つまり、木村カエラの現在のポジションは、
十数年前の桐島かれんに近いと言えるのではなかろうか。
今後目指すと良さそうな方向性という点も含めて。
[PR]
# by _kuma_taro | 2006-01-30 15:23 | 音楽

はっきり理由を言っちゃえよ!

深キョン「赤い衝撃」前代未聞の企画変更/Excite エキサイト : 芸能ニュース

当初は山口百恵のドラマをリメイクする予定だったけど新作に変更したらしい。
「陸上アスリートに見えない」「昭和ではなく現代テイストに合った女優」などの理由で断念と書いてある。

しかし、一番大きい理由は、
去年石原さとみ、綾瀬はるか主演で作った百恵ドラマのリメイクが
ヒットしなかったってことじゃないの!?
TBSもホリプロも力を入れて前宣伝したにもかかわらず。

「百恵のリメイク」という発想自体が時代遅れだったということ、
認めたくないんだろうけどね。
はっきり言っちゃえよ!
[PR]
# by _kuma_taro | 2006-01-30 12:04 | エンタメ

ライブドアの肩書き

“美人広報”乙部綾子の今後/Excite エキサイト : 芸能ニュース

「乙部さんは実際はそんな美人じゃない。ただライブドア広報の肩書きが面白がられていただけ」
そんな声が出始めているようだ。

それを言うならホリエモンだって同じだ。
「タレント活動」で知名度を上げていったとはいっても、
だからといってホリエモンに、
本当にタレントとして食えるだけのタレント性があったわけではない。
ライブドア社長の肩書きが面白がられていただけという点は乙部さんと同じ。

「肩書きが面白がられているだけ」な奴、他にもいないか?
結構いるんじゃないかという気もするけど。
いい加減、そんな奴にだまされたり踊らされたりするのはヤメにしないか?
[PR]
# by _kuma_taro | 2006-01-26 15:59 | 世相

メディアとホリエモン

ホリエモンが逮捕された事件そのものについては、
皆様よくご存じでしょうから詳しくはコメントしません。

ただ気になるのは、もしホリエモンが今回の逮捕容疑のような不正工作をせず、
このまま逮捕前のような活動を続けていたら、
一体どうなっただろうかということ。

ライブドアは、ホリエモン自ら積極的にメディアに出て得た知名度によって、
たいして大きくもない会社の規模を不正に大きく見せかけて、
マネーゲームを繰り返していた。
言い換えれば、ホリエモンのタレント活動そのものが、
ライブドアの商売の「元手」になっていたとも言える。

もしかして、これこそが全く新しいビジネスモデルだったのか(?)

「カリスマ創業者」で有名な会社は今までにもいくつかある。
たとえば城南電気の宮地社長とか、鈴木その子とか。
あるいはオリコンの小池聡行前社長なんかもそうかもしれない。

あるいは千昌夫なんかも、歌で得た稼ぎを土地の売買に注ぎ込んでいたっけ。

でも、彼らと比べても、明らかにライブドアの商売は「身の丈」の範囲を超えている。
なぜなら、彼らはひたすら会社の規模を大きくすることだけが目的だったから。

今回の不正発覚がなくても、いつか彼らのやり方は破綻するだろう。
たまたま、それがほんのちょっと早まっただけだ。逮捕という形で。
数千億円規模の赤字を垂れ流して倒産されるよりはずっとましだ。

それにしても、こんな奴を「面白いから」「視聴率が取れるから」などと言って
「時代の寵児」扱いしていたメディア側の責任ってどうなの?

『ホリエモン』生まれた理由(東京新聞)
[PR]
# by _kuma_taro | 2006-01-24 13:51 | 世相

くたばれメガネロック

本気メガネの芸能人をさがせ! | Excite エキサイト

何年か前から、音楽の世界では「メガネロック」などという言葉が言われるようになってきた。
音楽性の共通点はない。
ただ、メガネをかけたやつが歌っていれば、それだけで「メガネロック」。

世間では「メガネ男子」などが一部でブームらしい。
「メガネロック」は、その中でも大きなジャンルである。

そんな中、上記記事でも触れられているが、くるりの岸田がメガネをかけるのをやめた。
「似合っていたメガネを外した理由がちょっと知りたい」とあるが、
「メガネロック」が嫌だったんだろうと考える。

「渋谷系」「ビジュアル系」など、
十把一絡げに「なんとか系」で呼ばれることを嫌うミュージシャンは多い。
まして「メガネロック」は、メガネ以外に共通点はない。
岸田以外にも、「メガネロック」とされている人の中には、
その呼ばれ方を気に入ってない人が多いと思う。
[PR]
# by _kuma_taro | 2006-01-19 12:50 | 音楽