<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ジャパビジュ

Dir en grey全米デビュー/Excite エキサイト : 芸能ニュース

Utadaの失敗、その一方でPuffy AmiYumiの成功。
要するに、アメリカ人のまねごとをする日本人歌手は海外(特に米国)では成功しない。
アメリカ人がやらないことをする日本人こそ求められている。

むしろ、日本ではイロモノ扱いされているものこそ、
海外では「日本のオリジナリティ」となりうるとさえ言える。
ただし、あくまでそれを「貫く」ことが大事ではあるが。

その意味で、ディル・アン・グレイの海外進出はある意味正解だと思う。
二昔前の「ジャパメタ」ブームに続いて、
今度は「ジャパビジュ」ブームを起こすか?
[PR]
by _kuma_taro | 2006-02-24 13:51 | 音楽

やじうま歴十数年

吉沢一彦への期待度/Excite エキサイト : 芸能ニュース

「ズームイン」にも「めざまし」にも目もくれず、
平日の出勤前はテレ朝の「やじうま」とJ-WAVE。
そんな生活を十数年続けている私である。

「ミスターやじうま」と言っても過言ではない吉沢一彦さん。
この人の仕切りは今思ってもさすがだった。

しかし、「謙虚さというものがなくなって」「総スカン状態」で
番組を去ることになったいきさつはさすがに知らなかった。
ま、日刊ゲンダイだから話半分なんだろうけどね。

4月からアンカーマンの立場で吉沢さんが復帰するらしい。
これは素直に楽しみにしておこう。
[PR]
by _kuma_taro | 2006-02-23 18:58 | エンタメ

チェンメ、やめようね

最近、「VVWXX102」という新手のチェンメが全国を駆け回っている。
「新手の」と言っても、人名などを変えただけで、
本質的には過去に何度も見てきたのと何も変わらない「ありふれたチェンメ」でしかない。
なのに、多くの子どもたちが引っかかっている。
たった2日で、200件近くのコメントが集まり、その勢いはとどまるところを知らない。

前々から言い続けてることだけど、
私が「変なメール.com」というサイトで書いているようなことは、
本来なら私みたいな個人が運営するサイトが書くものではないと。
もっとちゃんとした公的な機関が、きちんと子ども達に教えるべきだと。

なのに、携帯キャリア各社の「チェーンメールに注意しましょう」のページなんて誰も見ない。
お役所関係などのネチケットのページも同様である。
だから、あんなガキっぽさ丸出しのチェンメに、みんなコロっとだまされてしまう。

たとえばTOKIOやV6が、
自分たちの番組を通じて「チェンメ、やめようね」と子どもたちに語りかける。
(実際「鉄腕ダッシュ」や「学校へ行こう」は、よくチェンメのネタにされる)
その方がまだ効果的だと思うのに。
そんな発想がどうして出てこないのか?

とにかく、子どもたちに「チェンメ、やめようね」と言う人がいない、
子どもたちにネットのちゃんとした使い方を教えられる人がいないのが、
今の世の中の状態だ。
本当にこれでいいのかと思う。

話はちょっと飛ぶけど、
たとえば、2ちゃんねるに「エイベックスに火をつける」「子どもを誘拐して殺す」などと、
本当にそんなことをする気もないのにノリで書き込んでしまい、
恐喝罪で逮捕される子どもが続出している。
それを誰も異常だと思わないのか?
私は異常だと思うし、ゆゆしき事態だと思う。
そして、チェンメの問題と同じ根っこを感じる。
[PR]
by _kuma_taro | 2006-02-21 17:33 | ネット

宴の後症候群

<トリノ五輪>日本の成績不振、見込み違いの原因は…?/Excite エキサイト : スポーツニュース
国内プッツン「ニッポンブ・ブ・BOO~~!!」(夕刊フジ)

とにかく日本はメダルが取れない。
でも、競技の成績そのものよりも、気になるのはマスコミの態度。

どうでもいいような話を、さも大事のように書く。
ちっちゃなことに一喜一憂するばかりで、何か大事な本質を忘れてる。
それでいて精神構造は「巨人・大鵬・卵焼き」の時代から何も変わらない。
今回の五輪にしても、結局勝手に自分たちで盛り上がっていただけ。
選手や団体に対して何も残していない。

つくづく、このスポーツマスコミの未熟さをどうにかしてくれと思う。

浮ついた前評判を盛り上げるよりも、
大事なのは「地に足のついた」強化策。
もう「実業団」には頼れないんだから。
たとえば市民クラブ、NPO法人などのような新しい形で
スポーツをサポートしていくような、そんな努力にもっと光が当たるべきだ。

そのためには「自分たちの非力さを思い知る」ことも必要だと思う。
メダル無しなら無しで、その現実を受け入れることが。
'93年の「ドーハの悲劇」のように。

で気になったのは、
夕刊フジの記事で二宮清純さんが言っていた「宴の後症候群」の一言。
もし「宴の後症候群」というものが本当にあるのなら、
もしかしたら今年のサッカーW杯が危ないかも?!
[PR]
by _kuma_taro | 2006-02-21 15:50 | スポーツ

大岩岩男

昨日からどうでしょうDVD「ヨーロッパ21ヵ国」の予約が始まった。
もちろん私は昨日の晩に済ませた。

今回はLoppiでの予約番号「018180」は「大岩岩男」という語呂が付いた。
でも、そもそも私は「どうでしょう」関連で今まで何度も使ってるけど、
商品番号の「語呂」を使ったことは一度もない。

ここ最近はLoppiのトップページにどうでしょうのバナーがあるし。
そうでなくてもキーワード「どうでしょう」を入力すれば簡単に出てくるし。

でもやっぱり「語呂」も恒例のイベントの一つ。

まだDVDの発売まで4ヶ月あるけど、
3月にはsaku2のDVDと、どうでしょう写真集2がいずれも予約済み。
お楽しみはいっぱいあるもんね。
[PR]
by _kuma_taro | 2006-02-16 13:55 | どうでしょう&saku2

本人のコメントではない

山田孝之「父親と役者」両立できない/Excite エキサイト : 芸能ニュース

恐らくこれは、本人のコメントではなく、事務所関係者が書いた文だ。
いかにもそんな感じの文章。

今回の件も、役者としてのイメージに傷がつくことを恐れて、
事務所関係者が金渡して別れさせたんだろう。

どうして「男のけじめで結婚する」ということにならないの?
22歳で結婚して子供がいて、なんてちっとも悪い話じゃないと思うけどね。
役者のイメージとしてもね。
「事務所の反対を押し切って」結婚したとしても、
押尾某みたいな感じにはならなかっただろうし。
[PR]
by _kuma_taro | 2006-02-16 09:20 | エンタメ

「逆援助」の夢

女性9人が遺産残す遺言書 「一夫多妻」男が書かせる/Excite エキサイト : 社会ニュース

ここ1~2年の迷惑メールの大部分を占める「逆援助」。
金持ちの女性がセックスを求めていて、
セックスするだけでお金をくれるというもの。
もちろん、そんなうまい話は現実にはあり得ない。

そんな「逆援助」を夢見るような男子にとって、
究極とも言える生き方を体現したのが、
この「一夫多妻男」ではなかろうか。
女を何人もはべらせて、食わせてもらってセックスもして。
そんなダサい夢がどんな結果になるかも、
彼の逮捕によって証明されたと言える。
[PR]
by _kuma_taro | 2006-02-14 16:05 | 変なメール

平塚駅西口

ついでに平塚のことについて書く。

ご多分に漏れず(?)、
東京都心から1時間ちょっとかかる首都圏のはずれの平塚という街も、
最近は駅周辺に高層マンションが建ち並んでいる。
そのついでに「姉歯」のホテルも建ってしまったけど。

平塚駅西口のコンコースの西側に大きな窓があって、
かつて(7~8年前)はそこから湘南平の向こうに富士山が見えていたものだった。
でも今は見えない。
高層マンションの陰に隠れて。
[PR]
by _kuma_taro | 2006-02-13 16:59 | 日常

パークイン平塚

私の住む神奈川県平塚市のあちこちに、
「パークイン平塚」というビジネスホテルの看板が出ている。

しかし、このホテルは昨年末から休業し続けている。
例の耐震偽装でおなじみの「姉歯」物件だったからだ。

「パークイン平塚」構造計算精査結果(平塚市役所)
パークイン平塚の耐震強度(タウンニュース平塚版)

街中でこの看板を見るたびにしょっぱい気分になるのは私だけではないはず。

<耐震偽造>京王プレッソイン茅場町の解体開始 [毎日新聞社]

ついに「姉歯」物件の解体が始まったようだ。
どうなるパークイン平塚?
[PR]
by _kuma_taro | 2006-02-13 16:42 | 日常

ポップジャムの勇気ある撤退

NHK「ポップジャム」年8回放送に縮小/Excite エキサイト : 芸能ニュース

NHKの「ポップジャム」が、4月から年8回の放送に縮小されるらしい。

私はテレ朝の「ミューステ」が「純粋な音楽番組」であるとは思わない。
「うたばん」「HEY!*3」も同様だ。
「ミュージシャンの芸能ごっこ番組」でしかないという点で。
もはや地上波テレビのゴールデンタイムでは、
プロパーな意味での「音楽番組」は成立しないと、
私は前から言い続けていた
「音楽」の専門化が進み、「芸能」と「音楽」が全くの別物になった結果だ。

NHKも自ら「衛星放送にも音楽番組はあります」と言ってるように、
「ポップジャム」みたいな番組は、
総合よりもむしろBSや教育(「トップランナー」などと同じ意味でね)に似合う
コンテンツになっていると思う。

その意味で、私はNHKの「勇気ある撤退」に拍手したい。
ただ、うちにはスカパーはあるけどBSはない。
ひょっとしたら近いうちにBSを入れる必要が出てくるかも!?
[PR]
by _kuma_taro | 2006-02-07 15:36 | 音楽