<   2005年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

お知らせ

[2005/4/30まではBlogトップに表示されます]

ようやく、「新・変なメールを受け取ったら」改め「変なメール.com」
第1次リニューアルオープンができました。

これに伴い、当Blogの「変なメール」部門も、
新しいBlog「変なメールUpdate」に独立させました。

この「日刊くまたろう」は、「変なメール」以外の内容で「毎日更新」を目指します。
引き続きよろしくお願いします。
[PR]
by _kuma_taro | 2005-04-30 23:59 | 変なメール

再就職しやがれ!

平成元年入社以来務めてきた会社を、5月1日付で退職しました。
連休に入る関係で、4月28日が前職場での最後の日となりました。

そして1日経った今日、既にBlogを2つ持っているのに、またBlogを作りました。

タイトルは「再就職しやがれ!」
「再就職」に向けての自分の動きを記録しておこうと思います。
期間限定(でないとシャレにならない)
[PR]
by _kuma_taro | 2005-04-29 17:46 | 日常

ZEEBRAの長渕化

ZEEBRA&NEWS・手越、異色コンビがドラマ初主演/Excite エキサイト : 芸能ニュース

そういえばかつて、この報道にあるZEEBRAと似た役を、
長淵剛が演じていたドラマがあったっけ。

ZEEBRAって、ここ数年でだんだんと長渕みたいになってると感じたけど、
これで決定的かな。
[PR]
by _kuma_taro | 2005-04-27 11:21 | 音楽

ホリエモンのナベツネイズム

堀江社長「ヤフーに勝った」 /Excite エキサイト : 芸能ニュース

上記記事の中でホリエモンいわく:

ルールはつくったもん勝ち。自分のつくったルールの中では神になれます。途中でみんなにルールが分かってアドバンテージが取れなくなったら、またアナザーワールドをつくるんです


これって、ナベツネが言ってもおかしくないセリフ。
というより、日本のプロ野球自体が「巨人のつくったルール」で動いてるようなもの。

去年の騒動では、最初から巨人だけが一人勝ちするように作られた
プロ野球の構造を誰の目にも見えやすくしてくれたのが
ホリエモンだったと思っていたのに....。

それに「知名度はヤフーに勝った」という言い方自体、負け惜しみとしか思えない。
[PR]
by _kuma_taro | 2005-04-26 15:15 | 世相

YAJI-KITA In The Midnight

「真夜中の弥次さん喜多さん」という映画を見てきた。
この記事のタイトルは、私がその映画を見に行ったワーナーマイカル海老名で、
タイムテーブルに書かれていたこの映画の英語タイトル。

とにかくもう、面白いとかつまんないとか、そんな判断の基準さえも超えていた。
次から次へと繰り出される小ネタに、
ムチャクチャとしか言いようのないストーリーを、
否応なしに見せていくパワーだけは物凄く感じる。

楽しかった、と言ってしまえばそれでいいのかもしれないけど、
でも楽しかったと言うこと自体に違和感を感じる。
表現する言葉が見つからない。

とんでもないものを見てしまったこと。それだけは間違いない。
[PR]
by _kuma_taro | 2005-04-25 22:40 | エンタメ

長嶋茂雄は現人神ではない

やっぱり深刻、長嶋サンの後遺症/Excite エキサイト : 芸能ニュース

病状が長引くならそっとしといてあげようよ。
どうしてそんなに、長嶋を早く復帰させたいのか?
どうしてマスコミがそんな報道ばかりするのか?

去年からのプロ野球再編問題で「巨人一極集中体制」が問題にされた後では、
なおさら長嶋を現人神みたいに崇拝するのは滑稽だ。

長嶋茂雄は往年の名選手。その点はレスペクトすべきだ。

だからといって、今必要なのは長嶋のカリスマ性ではない。
むしろ、そんな昔ながらの「巨人至上主義」から脱却することこそが必要だ。
[PR]
by _kuma_taro | 2005-04-25 16:09 | スポーツ

ヒロミゴーを極める

郷ひろみ2度目の離婚していた /Excite エキサイト : 芸能ニュース

離婚の話よりも気になったのは、本人のコメントの中で
> ボクはより一層努力し、郷ひろみを極めたい
と言っていること。

「郷ひろみを極める」とはどういうことなのか。

前々から思っているのは、
「郷ひろみ」と「ヒロミゴー」は別の存在なのではないかということ。
「ヒロミゴー」=「セルフパロディ化された郷ひろみ」だ。

恐らくニュアンス的には「郷ひろみを極める」というより「ヒロミゴーを極める」。
そんな気がする。

往年のスターが食っていくには、多かれ少なかれ、
「全盛期の自分自身のセルフパロディ」を演じ続ける必要がある。
西城秀樹も50過ぎてなおヤングマンだし、
森進一は恐らくセルフパロディを演じるのに疲れたんだろうし、
森昌子もそれにつきあいきれなくなったんだろう。

※カッコイイ女!!さんより(思わず笑ったのでトラバ追加)
[PR]
by _kuma_taro | 2005-04-22 14:04 | 音楽

ワールドカップのゆるキャラ

今朝の「日刊スポーツ」。
歴代のワールドカップ公式キャラのことが載っていたので
捨てずに持って帰ってきた。

地上最大のスポーツイベントなのに、公式キャラは意外と変なのが多い。

'82年スペイン大会の「ナランヒート」なんか、
ワールドカップよりも「みうらじゅんのゆるキャラショー」の方がよく似合う。
鳥取県の「ピアート」といい勝負。

あと'90年イタリア大会のも物凄く変。
これでキャラとして成立していたということ自体が信じられない。

その点'94年アメリカ、'98年フランスのは
まともにキャラとして成立していた。

'02年韓国・日本のは全然お話になりません。
ゆるいというより、まるでダメ。

で'06年ドイツの「ゴレオ」はまともだと思う。
しかし手に持ってるボールが目鼻付きってのがちょっと....。

※こちらで全キャラの姿を見られます。(DEPOLOGさんより)
[PR]
by _kuma_taro | 2005-04-21 20:43 | スポーツ

特殊女優・上戸彩

“スポ根スター”といわれる上戸彩/Excite エキサイト : 芸能ニュース

上戸彩って、現代劇のドラマではとことんコケてる。
当たってるのは「アタックNo.1」に「エースをねらえ!」。

今の時代に「スポ根」ってこと自体がありえない。
「こわいもの見たさ」、もしくは「違和感」を楽しもうとする人たちが
視聴率を押し上げているとしか思えない。

次は「スチュワーデス物語」のリメイクかな。もちろん堀ちえみの。
タイトルは「キャビンアテンダント物語」とかにせざるを得ないとは思うが。
[PR]
by _kuma_taro | 2005-04-21 15:43 | エンタメ

酒は凶器か毒薬か

イッキ飲みで…肝機能障害、先輩らを傷害で告訴(読売新聞)
新歓コンパの酒強要で障害 元音大生が先輩や講師告訴/Excite エキサイト : 社会ニュース

こういうニュースを聞くと、本当にやりきれない気持ちになる。
強引に飲まされたせいで、以後何十年も続く人生をダメにされたんだから、
これは殺人に等しい罪だとさえ思う。

被告の側は、
> 強要はしていないし、元学生は『飲めない』とも言っていなかった
と言ってるけど、酒というのはそういうもんだ。
飲ませるほうには「強要」という意識など全くない。
でも、していることは「強要」以外の何物でもない。
それが酒の怖さだ。

人生をダメにされたんだから、1億か2億ぐらい賠償金を取ったっていいし、
10年か20年ぐらい豚箱に入れたっていい。

自分が酔っぱらって気持ちいいのは問題ないんだけど、
飲んでも全然気持ちよくならない人がいることぐらいは知っておいてもらわないと。
私も肝臓が弱くて、アルコールは強くない。
飲んだらすぐに意識が朦朧として体が動かなくなる。気持ちよくはならない。

※参考 イッキ飲み・アルハラ防止のページ
[PR]
by _kuma_taro | 2005-04-20 12:55 | 世相