最近のどうでしょう&saku2

tvkの「リターンズ」は、「リヤカーで喜界島」がスタート。
正直「四国R-14」はつまんなかった。
それは、大泉と藤村のやり合いがなかったから。
「喜界島」の1週目は最初から最後まで羽田のホテルの一室で展開されるけど、
カメラの後ろから聞こえる藤村の声に「おー、これこれっ!」。

saku2は、大事件を2つも乗り越えてきたからか、
最近ますます「揺るぎない軸の強さ」を感じる。
相も変わらずの会話が毎日続いている中に。
「軸の強さ」という点では、「どうでしょう」と同じ域に間違いなく達した。

これもある意味、神奈川県民(とその周辺住民)だけに許されたぜいたく。
[PR]
by _kuma_taro | 2005-09-24 08:21 | どうでしょう&saku2
<< mixiの歩き方 フラッシュメーカー >>