愛ルケについて聞かされる評判

私の家族から時々聞かされるのが、
「愛の流刑地」という小説についての評判。

天下の日経に連載されている小説なのに、
ほとんど猿のオナニーみたいなセックスを繰り返す中年の男女の話らしい。
しかも、トンデモな表現が満載。
ついには、「窒息プレイ」に興じるあまり、女を死なせてしまったらしい。

※「愛ルケ」といえばやっぱりこちらのBlog: にっけいしんぶん新聞
 「今日の愛ルケ(号外) 『<愛の流刑地>ブログ検索で1位に』」にトラバ中。

明らかに、日刊ゲンダイの以下の記事はほめ過ぎ、てゆーかトンデモ。
期待される鈴木京香の大胆濡れ場/Excite エキサイト : 芸能ニュース

しかも鈴木京香にヒロインをやらせたい、だぁ?
そんなの鈴木京香に失礼だ。
どこかのAV制作会社にでもやらしとけ。

うちの家族のBlogに初めてトラバ: 「ドキドキしちゃう」
[PR]
by _kuma_taro | 2005-09-02 17:12 | エンタメ
<< 本牧の公園 「よかったね駒苫」の一言で片付けるな >>