ヒートアイランドを実感

というわけで今、岡山県某所にあるわが実家。実家に入って最初に感じたのは、体感温度が神奈川県の自宅とは全然違う。やはり都会はヒートアイランド。クーラーが無いと寝れないからみんなクーラーを使う、だから余計に暑くなる。まさに悪循環。田舎はクーラーがなくても、扇風機だけで寝られる。都会に住むということ、それ自体が環境に優しくない行為。私はまだしばらくは、都会に住んで仕事しないといけないけど。
もうすぐ70になる我が両親。母は至って元気。最近になってケータイのメールを始め、顔文字入りのメールをくれる。でも父は決定的に無口になった。高度成長時代を猛烈に駆け抜けつつ、できの悪い子供(つまり私)に手を焼いていた両親。人生の黄昏を、静かに味わっている。父の姿は、そのまま30年後の私の姿。
そして、駅まで迎えに来てくれた両親が乗っていた車は日産マーチ。最近買い換えたようだ。昔はもっとでかい車に乗っていた。年を取って、生活をダウンサイズするというのは、やっぱりあるようだ。
[PR]
by _kuma_taro | 2005-08-13 20:15 | その他
<< マジで使う気ない 新幹線ハイテンション >>