ジャニーズ依存症

テレビ局はいつまでタレントを使うのか/Excite エキサイト : 芸能ニュース
スポーツ紙 フジに厳しくジャニーズにベッタリ/Excite エキサイト : 芸能ニュース

'80年代末期から'90年代初頭、
テレビからいわゆる「歌番組」という形態の番組が消えた。
視聴率低迷などの理由で。

それで、アイドルたちは「テレビに出て歌う」機会を失った。
女性アイドルはひとたまりもなく絶滅状態。
そしてその波はジャニーズ事務所にも容赦なく降りかかってきた。

そこから、ジャニーズ事務所の新しい展開が始まった。
テレビに出る機会を確保するために、とにかくテレビでやってることは何でもやる。
歌だけではなく、ドラマ、映画、トーク、バラエティ、スポーツ、ニュース、料理など。
SMAP以降のジャニーズは、みんなそんな形でブラウン管を席巻している。

とにかくジャニーズの子は何でもしてくれるし、
出せば人気、動員、視聴率にある程度以上のプラスが見込める。
そんな便利なタレントは他にいない。

テレビの側が重度の「ジャニーズ依存症」になっているのは明らかだ。
NEWSの飲酒問題からも、そんな「ジャニーズ依存症」の歪んだ現状が見て取れる。
そんなことでいいのか?いろんな意味でそう思う。
[PR]
by _kuma_taro | 2005-07-26 11:53 | エンタメ
<< 芸能マスコミの中の音楽 不思議なADSL >>