どちらも正しいし、どちらも正しくない

昨日、先週1週間分のsaku2をまとめて見て、さらにsaku2のDVDも続けて見た。

この件を神奈川新聞が取り上げないのはおかしいと思っていた。
神奈川県にとって重要な事件だから。

悪行三昧していませんか♪ (ありがた道楽 より)

もし、↑で書かれていることが本当だとするなら。

ジゴロウは「番組の小道具」か、それとも「固有のキャラクター」か。
私は、それらは「どちらも正しいし、どちらも正しくない」と思う。
なぜなら、キャラと番組の、どちらが欠けても成立し得なかっただろうから。
いろんな偶然か重なり合って、初めて生まれた奇跡だったから。

「番組の小道具」と言うにはあまりに存在が大きすぎる。
しかし番組が吹き込んだ魂を抜きにして「固有のキャラクター」として成立することもない。

とにかく、「やりきれない」気持ちはますます大きくなるばかり。
でも今のところ、どちらが悪いとは明確には言い切れない。
そして被害者は番組制作スタッフと、全てのサクサカーたちである。
[PR]
by _kuma_taro | 2005-07-04 14:23 | どうでしょう&saku2
<< 旅立ちは間近? ティーダ納車 >>