「ご意見番」はもういらない

ご意見番とは(はてなダイアリー)

「芸能界のご意見番」と呼ばれる人たち。
和田アキ子や美川憲一など。

芸能ニュースではことあるごとにコメントを求められ、
そのたびにテキトーに何か言い散らしている。
その姿が芸能ニュースに映ることが多い。

でもそのコメントが、最近とみに内容なく思えてしかたない。
たとえば森進一と森昌子、松田聖子とSAYAKA、若貴兄弟など、
最近は家族間での確執やトラブルが多く報道されているのだけど、
「ご意見番」さんたちのコメントは「もっとちゃんと話し合え」ぐらいしか言えない。

その程度のことなら誰でも言える。
別に「ご意見番」でなくても、
おばちゃんたちが常日頃から井戸端会議でしゃべってる程度のことだ。
そして、「外野の意見」に過ぎないという点も同じだ。

その一方で、「ご意見番」さんたちの本職はどうかというと。
和田アキ子も美川憲一も、紅白には毎年出てるけど、
ヒット曲といえる曲はもう何十年も出ていない。

米倉、Gacktラブラブモード!?…追っかけ隊/Excite エキサイト : 芸能ニュース

別に前半の米倉&Gacktの記事はここでは関係ない。
問題は後半の和田アキ子に関するくだり。
本人は歌をちゃんとやりたいようだけど、
世間が「芸能界のご意見番」としての役割を求める。
確かに、それに甘んじていれば食いっぱぐれはないだろうけど。

ちなみに「タイガー&ドラゴン」という曲は、
確かに横山剣が和田アキ子の曲として書いたものだけど、
最初にCDで出たのはクレイジーケンバンドのバージョン。
和田アキ子バージョンが発売されたのはその何ヶ月か後。
このことは指摘しておきます。

もう、「芸能界のご意見番」とかなんとか言って、
過去の栄光しかない芸能人をもてはやすのはヤメにしません?

そういえば「球界のご意見番」のあの人も、いつの間にか復活していたらしい。
ナベツネのやり方、巨人のやり方に問題があったということを、
去年の騒ぎでみんなが明確に認識した後だってのに。
なんで戻ってくるのか?

ほんと、「ご意見番」ってろくなもんじゃないね。
ゴタゴタ言うだけで、結局自分で何もしないし、
少なくとも良い方向に物事を変えることはないから。

「ご意見番」は、saku2のペパーだけで十分だって(笑)
[PR]
by _kuma_taro | 2005-06-17 17:29 | エンタメ
<< 無事に再就職が決まったので 「どうでしょう」のネガティヴな一面 >>