YAJI-KITA In The Midnight

「真夜中の弥次さん喜多さん」という映画を見てきた。
この記事のタイトルは、私がその映画を見に行ったワーナーマイカル海老名で、
タイムテーブルに書かれていたこの映画の英語タイトル。

とにかくもう、面白いとかつまんないとか、そんな判断の基準さえも超えていた。
次から次へと繰り出される小ネタに、
ムチャクチャとしか言いようのないストーリーを、
否応なしに見せていくパワーだけは物凄く感じる。

楽しかった、と言ってしまえばそれでいいのかもしれないけど、
でも楽しかったと言うこと自体に違和感を感じる。
表現する言葉が見つからない。

とんでもないものを見てしまったこと。それだけは間違いない。
[PR]
by _kuma_taro | 2005-04-25 22:40 | エンタメ
<< ホリエモンのナベツネイズム 長嶋茂雄は現人神ではない >>