四国は呼ぶ

本日の公式サイト日記で、「どうでしょう本」第2集のメインディッシュが
「四国大特集」であることが明かされた。

四国。
「どうでしょう」とは何かと縁の深い四国。
北海道の一介のローカル番組なのに、なぜか縁の深い四国。
「四国は呼ぶ」「大泉の住民票が移っている」とまで言われる四国。
「大特集」を組むだけの価値のあるテーマではあります。

私は岡山県人だけど、父が岡山人で母が徳島人。
私の身体の半分は、四国の血が流れている。
母の実家のある徳島には何度か行ったことがある。
宇高連絡船(瀬戸大橋のできる前)のデッキで食べる讃岐うどんが好きだった。

....なんていう個人的な話はともかく。

「四国」は、本一冊では済まないぐらいの大きなテーマだけど、
「どうでしょう」には、他にもそのようなテーマがいくつもある。
本という媒体でできそうなことは、まだまだたくさんありそうだ。
[PR]
by _kuma_taro | 2005-03-14 17:01 | どうでしょう&saku2
<< 男女平等のつもり? あの金で何が買えたか >>