「鉄子」vs.「どうでしょう」

発端は、朝日新聞に載ったこの書評。

南信長さんのコミック教養講座 鉄子の旅 菊池直恵著 (本紙掲載2005年01月16日)

「『水曜どうでしょう』の名物企画『サイコロの旅』的味わい」の旅って何?
...そしてその半月後、「鉄子の旅」の1巻と2巻がAmazonの箱に入って我が家に届いた。

「JR全駅下車」を達成した鉄ヲタ界のカリスマと、鉄道に興味のない女性漫画家。
たとえば「大垣夜行」や「東京近郊区間130円大回り」などの旅に、
ぼやきながらついていく菊池の姿は、確かに大泉にちょっと似てるかな。

でも、私自身大垣夜行には何度か乗ったことがあるし、東京近郊大回りもしたことある。
私は鉄ヲタではないけど、基本的には乗り物好きだから。

鉄ヲタにとっては朝飯前な旅でも、一般人には難行苦行。
「鉄子」の場合は、このギャップがポイントかな。

※関連リンク追加
菊池直恵氏を勝手に応援するページ
横見浩彦WEB鉄道
[PR]
by _kuma_taro | 2005-02-08 21:43 | どうでしょう&saku2
<< ワンクリ詐欺でスパイウェア HHHHHHHH >>