「銀のエンゼル」見てきた

東京に出る用事があったので、ついでに新宿に寄って見てきた。

「銀のエンゼル」は、スケールの大きな画面やSFXや、
あるいはドラマチックな展開やアクションなどで圧倒するような映画ではない。
今の時代では成立させることが難しくなった「人情話」を、
あえてコンビニという現代的な舞台装置の中で、
日常的な一こま一こまを切り取って連ねることによりやってみようとした。
その意味では、確かに「どうでしょう」と相通じる味わいがあるのかもしれない。
[PR]
by _kuma_taro | 2004-12-30 23:53 | どうでしょう&saku2
<< アートネイチャーとバンプレスト 驚きません。 >>